クレーム対応、クレーマー対策に関する問題を弁護士が解決する法律相談Q&A

homeへ戻る

Q&A5クレームを拒否すると決めたあとの対処方法

質問

あるクレームに対して、お断りすることに決定しました。その後は、具体的に、どのように対処したらよろしいのでしょうか。

回答

法的義務以上の要求に対しては、相手の要求を拒否することを相手に伝えます。そして、場合によっては、取り合わない、放置することが必要な場合もあります。

相手が居座るときは、不退去罪となりえますから、場合によっては、警察の協力を得て退去を求めます。

相手の主張に理由がないときは、債務不存在確認の訴訟を提起することもできます。当方が損害を被ったときは、損害賠償請求を求めることも可能です。

それに先立ち、面談禁止、街宣禁止の仮処分などの保全処分をすることも検討します。

明白な刑事事件の場合には、遠慮なく警察を要請しましょう。

相手が、暴力団組員であるとき、またはその関係者であるときは、警察、弁護士と協力して対応する必要があります。

常に自分の役目は何かを問い続ける必要があります。その際、法的根拠が問題となるのであれば、弁護士は、役に立つはずです。

homeへ戻る